渋谷でプラセンタ注射を受けたいけれど、どこのクリニックが良いか迷っていませんか?

 

プラセンタ注射は継続して受けることが重要なので、自分にぴったりの通いやすいクリニックを見つけることが大切です。

 

ここでは、渋谷でプラセンタ注射を受けられるクリニックを5つ厳選して、具体的な料金や特徴をご紹介します。

 

また、プラセンタ注射の効果や注意点、効果的な打ち方についてもお伝えします。

 

ぜひクリニック選びの参考にして、一日でも早くプラセンタ注射を始めましょう!

渋谷でプラセンタ注射がおすすめのクリニック5選

品川スキンクリニック

 

渋谷でプラセンタ注射ができるクリニック5選|料金や特徴をご紹介

 

品川スキンクリニックでは、プラセンタ注射に加えて、様々な美容注射・点滴メニューが豊富です。

 

再生医療で用いられる「培養上清液」を注入する「美肌注射プレミアム」、美白やエイジングケアに効果のある「白雪点滴」や「高濃度ビタミンC点滴」がおすすめです。

 

プラセンタ注射の料金(税別)

プラセンタ注射 1回 920円 
美肌注射プレミアム 1cc 9,800円
白雪点滴 1回 13,880円
高濃度ビタミンC点滴 1回 18,510円

 

品川スキンクリニックの詳細

渋谷区道玄坂2-3-2 大外ビル4F
【電話番号】0120-175-600
【アクセス】JR渋谷駅「ハチ公改札」徒歩約1分
【診療時間】10:00〜20:00

 

 

 

 

渋谷の森クリニック

 

渋谷でプラセンタ注射ができるクリニック5選|料金や特徴をご紹介

 

渋谷の森クリニックでは、1本1,200円のプラセンタ注射が、10本で10,000円、20本で16,000円と、たくさん注文するほどかなりお得になっています。

 

初診料、再診料、キャンセル料すべて0円なのも安心です。

 

プラセンタ注射の料金(税別)

プラセンタ注射 1回 1,200円

 

渋谷の森クリニックの詳細

渋谷区神宮前6-18-1クレインズパーク4階
【電話番号】03(3409)5959
【アクセス】JR渋谷駅「宮益坂口」徒歩8分
【診療時間】11:00〜22:00

 

 

 

 

渋谷イーストクリニック

 

渋谷でプラセンタ注射ができるクリニック5選|料金や特徴をご紹介

 

プラセンタ注射の料金は、1本2,160円、2本3,240円、3本4,320円なので、1本だけより2〜3本打つのがおすすめです。

 

院長は誠実な対応で、腕も良いと評判です。

 

プラセンタ注射の料金(税込)
プラセンタ注射 1回 2,160円〜

 

渋谷イーストクリニックの詳細

渋谷区渋谷1-14-14TK渋谷東口ビル6F
【電話番号】03-3486-8603
【アクセス】JR渋谷駅「東口」徒歩2分
【診療時間】12:00〜20:00

 

 

 

 

ベル美容外科クリニック

 

渋谷でプラセンタ注射ができるクリニック5選|料金や特徴をご紹介

 

ベル美容外科クリニックでは、通常のプラセンタ注射以外に、更に効果の高いウルトラプラセンタというメニューがあります。

 

ウルトラプラセンタは高濃度のプラセンタ注射で、より高い美容効果、免疫力向上や新陳代謝のアップが期待できるのでおすすめです。

 

プラセンタ注射の料金(税込)
プラセンタ注射 1回 2,160円
ウルトラプラセンタ 1回 140,000円〜

 

ベル美容外科クリニックの詳細

渋谷区道玄坂1-18-3 プレミア道玄坂ビル4F
【電話番号】0120-15-4142
【アクセス】
【診療時間】10:00〜19:00

 

 

 

 

渋谷美容外科クリニック

 

渋谷でプラセンタ注射ができるクリニック5選|料金や特徴をご紹介

 

渋谷美容外科クリニックでは、プラセンタに各種ビタミンやニンニクエキスをプラスしたスーパーカクテル注射も受けられます。

 

月・木・金は23:00まで予約が取れるので、仕事で忙しい人でも通いやすいクリニックです。

 

プラセンタ注射の料金(税別)
プラセンタ注射 1回 2,018円〜
スーパーカクテル注射 1回 9,200円

 

渋谷美容外科クリニックの詳細

渋谷区渋谷1-14-9 藤和宮益坂ビル8・9F
【電話番号】0120-11-0811
【アクセス】JR渋谷駅「東口」徒歩1分
【診療時間】月・木・金(祝日をのぞく)/11:00〜14:00 15:00〜23:00
火〜水/11:00〜14:00 15:00〜20:00
土・日・祝/10:00〜14:00 15:00〜19:00

 

プラセンタ注射の効果

具体的にどれくらいの頻度で注射すれば効果が得られるのかが気になるところですよね。

 

ここからは、プラセンタ注射の効果と、その効果をしっかり得るための打ち方についてお伝えします。

 

プラセンタ注射で得られる効果

 

プラセンタにはたくさんの栄養素と成長因子(細胞分裂を活発にする成分)が含まれています。

 

これにより「体を正常な状態に戻す作用」があり、様々な美容効果や健康効果があります。

 

具体的には以下のような効果が見込めます。

 

  • 美肌作用:美白、保湿、しわ・たるみの改善
  • 基礎代謝向上作用:アンチエイジング、ダイエット
  • 造血作用:肩こり、冷え性、貧血
  • 内分泌調整作用:更年期障害
  • 解毒作用:疲労回復、デトックス
  • 自律神経調整作用:不眠、うつ
  • 抗炎症作用:腰痛、関節痛
  • 抗アレルギー作用:花粉症、アトピー

 

プラセンタ注射を打つ回数・頻度・量

 

プラセンタ注射は、一回の注射の効果が持続する期間が短く、適切な頻度で継続して打つことが重要です。

 

最初の1ヶ月は週に2回、その後は1〜2週に1回のペースが理想です。

 

また、1回に打つ量は1〜3アンプルが目安です。

 

一度に大量に注射したからといって効果が高くなるわけではありません。

プラセンタ注射の注意点

渋谷でプラセンタ注射ができるクリニック5選|料金や特徴をご紹介
出典:中外製薬

 

美容クリニック等では様々なプラセンタ注射や点滴が受けられますが、厚生労働省から認可されている方法は「皮下注射」と「筋肉注射」のみです。

 

この2つの方法は安全性が高く、また、皮膚や筋肉にプラセンタの成分が長く留まるので効果が得られやすくなります。

 

その他の方法は認可を受けていません。

 

認可されている方法に比べ副作用等の危険性も高く、万が一事故が起こった場合にも薬剤副作用の救済制度の適用にはなりません。

 

それぞれについて注意点を詳しく見ていきましょう。

 

静脈・点滴注射

 

静脈・点滴注射は血管内に直接注入する方法です。

 

血管内に注入してもすぐ体外に排出されてしまうので、あまり効果が期待できません。

 

また、血圧低下やショック状態になる危険性があります。

 

カクテル注射

 

カクテル注射とは、プラセンタとビタミン剤等のその他の成分が混合された薬液を注入する方法です。

 

色々な成分を一緒に注射できるのでお得感がありますが、これも血管内に打つと血圧低下等の副作用が出る恐れがあります。

 

また、プラセンタと他の成分の相互作用で副作用が出る危険性があります。

 

献血ができなくなる

 

厚生労働省では、ヒト由来のプラセンタを使用するプラセンタ注射では感染症の可能性を完全には否定できないという考えから、献血をすることを禁止しています。

 

1回でもプラセンタ注射を受けると今後献血ができなくなります。

 

ただ、これまでプラセンタ注射で感染症にかかった例はありませんので安心してくださいね。